現実は厳しいフリーランスの世界

フリーランスとは自営業のような働き方をする方のことを指します。ホームページ制作などのクリエイティブな業界を中心にこういった働き方をする方が増加していますが、フリーランスとしての理想ばかりに目を向けていると現実に直面した際、取り返しのつかない事態に陥ってしまうことも少なくありません。これからフリーランスとして独立をお考えの方であれば、現実にもしっかりと目を向けて万全の態勢で独立するように心がけましょう。
フリーランスとして独立した方の多くが金銭面で頭を悩ませています。

これまで企業に勤めていた際は労働基準法によって労働者の権利が守られていました。



極端に言えば毎日しっかりと出勤していれば給料をもらうことができますし、業績の良い企業であれば賞与も期待できます。


また、厚生年金や健康保険なども企業がある程度は負担してくれていますので自分の出費は少なくて済みます。



ですが、独立したとなるとそうはいきません。


年金も健康保険も全額自分の負担となってしまいます。また、きちんと仕事をこなさなければクライアントから給料をいただくことはできませんし、フリーランスとは基本的に賞与はありません。

金銭面でのデメリットはそれだけではありません。
自営業となると銀行でのローンの審査も厳しくなってしまいます。


これから業務を拡大するために融資の相談に行ったとしても起業してからの年月が浅ければ融資を受けることも簡単ではありません。


このようにこれから独立するのであればこういった面も念頭に置いておかなければ取り返しのつかない事態に陥ってしまうことになるでしょう。



top