フリーランスは主婦におすすめ

クラウドソーシングが普及してきている影響で、フリーランスとしての働き方をする人が増えています。


フリーランスの人数は増えていますが、参入企業もまだまだ増えていくと予想されているので、仕事がなくなるということはなさそうです。



正社員としての働き方に比べると、収入が安定しないことがデメリットです。

正社員の人でも、未経験から入社した場合、最初は月額賃金が20万円以下になることも珍しくありません。



しかし、長く働いているほど給料がアップしていき、部長や課長、係長といった役職につけば、給料は大きく上がります。

20年も働いていれば、給料が最初の頃と比べて2倍以上になっているということもよくあります。


それに対して、フリーランスの人は完全に個人のスキルでお金を稼いでいるので、長く続けているほど収入がアップすることが約束されているわけではありません。


また、雇用保険にも加入していないので、失業をしたときに収入がゼロになってしまうこともあります。このように、フリーランスという働き方は不安定であることがデメリットなので、サラリーマンの副業や、主婦のお小遣い稼ぎに向いています。
メインでフリーランスをやるにはリスクがありますが、主婦の人が空いている時間にお金を稼ぐことができるという意味では、大きなメリットがあるでしょう。

仕事によっては、1時間で2000円以上も稼げることがあるので、うまくやれば家計が大きく楽になることでしょう。



top