フリーランスは自由度が高い一方収入が不安定な面も

近年は会社に勤める代わりにフリーランスという形態で働く人が増えています。



海外、特にアメリカでは3人に1人がフリーランサーであるという統計も出ていますが、日本国内でも増加傾向にあります。


人事異動や転勤、解雇がいつ起こるかわからない働き方よりも、自分の技術や知識を十分に活かせることに魅力を感じる人が多いようです。
フリーランスという言葉から、華々しい活躍を想像する人も多いかもしれません。実際に、アナウンサーやジャーナリスト、作家といった世間で注目される分野のフリーランサーの中には、順調に業績を上げている人も多数います。



しかしフリーランスは自由度が高い一方、基本的に会社という後ろ盾を持たない不安定な働き方であることを理解しておかなくてはなりません。

報酬は一定ではなく、仕事量に左右されます。



十分な能力を持っていれば徐々に報酬が増える傾向にありますが、需要が高止まりしてしまうと、仕事量も停滞します。
また勉強不足のままフリーに転向すると、収入が低い状態が続き、不安な日々を送ることになります。スキルの向上はもちろん、ある程度の貯蓄を確保してから転向することをお勧めします。

フリーでできる仕事にはマスコミ系の他に記事作成、システムエンジニアリング、ウェブデザインなど多種多様の分野があります。

フリー転向を検討している方は、収入面などのデメリットを理解したうえで、自分が得意な分野を見極め、常にスキルアップすることを心がけましょう。


社会の事柄

フリーランスとは自営業のような働き方をする方のことを指します。ホームページ制作などのクリエイティブな業界を中心にこういった働き方をする方が増加していますが、フリーランスとしての理想ばかりに目を向けていると現実に直面した際、取り返しのつかない事態に陥ってしまうことも少なくありません。...

more

最新考察

クラウドソーシングが普及してきている影響で、フリーランスとしての働き方をする人が増えています。フリーランスの人数は増えていますが、参入企業もまだまだ増えていくと予想されているので、仕事がなくなるということはなさそうです。...

more

大人の常識

転職を多くする人は日本だとあまりいいイメージを持たれませんが、諸外国ではむしろ転職が当たり前のような状況となっています。いかに仕事を楽しくやるか、その仕事にやりがいを感じるかということに重きを置いているためで、生活のために働いているという後ろ向きな感覚ではありません。...

more

みんなの常識

フリーランスは、サラリーマンとは違ってあらゆる面で自由が多いですが、そのために相応の仕事力、つまり実力がなければなりません。いきなりフリーランスとして働くことは無謀なので、十分な経験を積んだ上でサラリーマンから転向することが望ましいです。...

more
top